中古マンションの魅力を知る 中古マンションの魅力を知る 中古マンションの魅力を知る

東京の中古住宅の種類の中で一戸建てはリフォームが可能です

東京の不動産で販売されている物件の中に中古住宅というものがあり、新築に比べて圧倒的に数が多いことが特徴となります。

そこで東京で販売されている中古住宅の種類について、一体どのようになっているか調べていきます。1つめにあげられるのが中古一戸建てとなっており、特徴として管理費や修繕積立金などを支払う必要がないです。一戸建ては集合住宅ではないので、購入した時点で自分が土地の管理者ということになります。

そのため駐車場や駐輪場なども自分の所有物となるため、共用スペースとして料金を支払う必要がないです。

image

また自分の土地を持つということになるため、自分好みにリフォームをすることが出来るのもポイントです。その場合には追加で費用はかかりますが、自分の個性を重視して建物の外観や内装などを自由に変えることが可能です。そして2つめにあげる中古住宅の種類については、集合住宅でもあるマンションとなります。

東京に建てられているマンションの特徴についてですが、共用設備が非常に充実していることです。

多くの方が1つの建物に住んでいることになるため、一戸建てにはないエレベーターやオートロックが完備されていることがあります。こういった設備はマンションならではのものであり、エレベーターについては住民と来客者が使用することが可能です。一方でオートロックについては、主に防犯を意識して導入されることが多い設備となっています。そのためオートロックについては、どちらかというと住民の安全を守るために設置されています。

さらに3つめにおける中古住宅として、アパートと呼ばれる集合住宅があります。マンションを小型化したようなものであり、特徴として数階建てとなっていることが多いです。また設備もマンションに比べると、エレベーターや防犯カメラなども設置されていないです。ですがその分賃料や販売価格がマンションよりも安いので、学生や高齢者を中心に利用率が上昇しています。